お知らせ

恐竜

材料にこだわった美味しいパンが名物、グルッペ(⑤暁秀高校ホームロジェクト)

材料にこだわった美味しいパンが名物、グルッペ

 

今回はCafe & Bakeryグルッペ本町店に取材に行かせていただき、株式会社グルッペ石渡食品有限会社、常務取締役の石渡麗子さんに美味しいパンを作る秘訣を伺うことができました。

 

グルッペ本町店は平成6年に店舗をオープンしたパン屋さんで、植物がたくさん植えられた庭が印象的なお店です。店内にはたくさんの美味しそうなパンが並んでいて、お店の奥にはゆっくりパンを食べられるスペースも完備されていました。
お店の中に入ると出迎えてくれたのは、グルッペさん自慢のみしまコロッケぱん。

日本全国ご当地パン祭りでは、グルッペさんのみしまコロッケぱんが見事1位になったそうです。全日本パン協同組合連合会が主催するコンテストで、全国からご当地パンが参加する中で勝ち抜かれました。三島ご当地B級グルメのみしまコロッケを活かしたみしまコロッケぱんは、小さなお子さんから長年三島に住む老人の方まで、幅広い世代に愛される味になっています。

翌年のご当地パン祭りでは、フルーティキャロットが1位に輝きました。野菜というと苦手意識を持つお子さんもいますが、


人参本来の甘味を活かして子供が食べられる味に仕上げているそうです。人参を使った自然な甘さのため、甘い物が苦手な方にも食べやすくなっています。

実際にフルーティキャロットを頂き、砂糖なしとは思えないほどの甘さに驚きました。この美味しさを実現するために1か月ほど実験を繰り返したとか、、、

 

グルッペさんでは、パン粉を作るためのパンを一から作り、野菜は実際に農家に訪れて収穫の体験をさせて頂くほど、材料とパンを作る工程をとても大事にしています。地元の美味しい素材の味を最大限に活かせるまで工夫を重ね、一つ一つのパンをこだわっている部分に、パン屋さんの情熱を感じますね。

 

 

 

今では学校の給食にパンの提供、防衛省向けの長期用保存パンの提供、そしてなんと、日本にとどまらず海外にまで進出しているそうです。商売をされている規模にはとても驚きました。それほど、たくさんの方に愛されるパンを作り続けているのだと感じます。

定休日の年末年始以外、9:30から17:30までお店が開いています。皆さんも是非、
グルッペさんに足を運んで自慢のパンを召し上がってみてください。

 

Cafe&Bakary グルッペ
住所:411-0855 静岡県三島市本町2-27

 

電話番号:055-973-1153

最寄り駅:三島駅から徒歩11

 

(記者:伊藤)